FC2ブログ
LEXICON 
 created by Ashe

プロフィール

Ashe

  • Author:Ashe

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

     
  LEXICON
初めての言葉、初めての概念
 
     

スポンサーサイト  【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酷い駄洒落 [a bad pun]  【2007/01/22 20:15】 表現集
原文では次のようになっている。

"Oh come on," Bob called out as he popped one of the wine corks. "You're a wildlife photographer. You've never tried to shoot a beaver before?"

I snickered, but Krystal interrupted. "Yecch, a beaver. Why do you guys call it that?"

"Dammed if I know? Get it? Dammed - beaver - get it?," Bob joked.

I groaned at his bad pun.



ここでのDammed if I knowのところは、本来のスペリングなら、Damnedとなるべきところ。ビーバーは、ビーバーショット(大股開きの撮影)のこと。「どうして、ビーバーショットと言うのか」と訊かれて、「そんなこと知るか」と答えているところだが、そう訳しちゃうと、洒落を言ったというところが出ない。

仕方なくここを次のように訳した。酷い洒落は酷い洒落に訳すのが正しい翻訳なのだと自分に言って聞かせた。

「おいおい、頼むよ」 ボブはワインのコルクを抜きながら、大きな声で言っていた。「野生動物のカメラマンなんだろ? これまでビーバーを撮ろうとしたことはなかったのか?」

僕はニヤニヤした。だがクリスタルが割って入った。

「うげぇ! ビーバーだって! どうして男の人たちって、アレのことをそう呼ぶのかしら?」

「俺に訊いても無駄。ムダムダムダ・・・ムダムダムダム、ダム・・・。 アハハ、分かる? ダムとビーバー。分かる?」 ボブが洒落を言った。

僕はボブの下手な洒落にうめき声を上げた。




| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ashediamonds.blog4.fc2.com/tb.php/128-6d005dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。