FC2ブログ
LEXICON 
 created by Ashe

プロフィール

Ashe

  • Author:Ashe

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

     
  LEXICON
初めての言葉、初めての概念
 
     

スポンサーサイト  【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サーモス [thermos]  【2017/07/03 21:59】 生活
主にステンレス製の保温可能な水筒をいう。携帯可能な魔法瓶。

thermos.jpg

アメリカのサーモス社(thermos)が製造・販売しているのが有名で、すでに普通名詞化している模様。

サーモス社

********
2017年7月3日追記

上で「アメリカの会社が製造・販売」と書いていたが、ステンレス製の魔法瓶は日本酸素が最初に開発し、現在、同種の製品を販売していたアメリカやドイツの会社を配下に収めているらしい。wikipedia サーモス

「サーモス」っていうから外国のものみたいに思ってしまったではないか。素直に「魔法瓶」と言ってくれよ(笑) でも「魔法瓶」を直訳してMagic Bottleとか言っても、全然、通じません(笑)

旧来の水筒では中の液体の温度がすぐに平衡化してしまう。冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かいままに保つにはどうしたらよいかという問題を解決する原理、それ自体はドイツ人が1881年に発見、同年イギリスのデュワーという人が二重瓶を製造、1904年にドイツのテルモス(サーモス)社が商品化したとのこと。それがいわゆる「魔法瓶」。なぜ、「魔法瓶」と言うかというと、勘違いからの命名だという説がある(リンク)。いわく、「イソップ物語の中に出てくる魔法瓶(マジックボトル)のように温度が変わらない」ので「魔法瓶」と名付けると。でも、イソップ物語には魔法瓶の話は出てこないらしい。

ともあれ、この魔法瓶について、より携帯化・耐久性を持たせようとステンレス製の二重容器にしたのが日本酸素社なのか? 遠足とかで二重瓶の水筒を持っていた自分としては、あまり独創性が感じられないのだが(やっぱ、二重ガラス瓶で内壁が銀色ってアイデアが一番独創的だったと思う)。

でも、日本製のサーモスは人気商品となっているらしいです。


| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ashediamonds.blog4.fc2.com/tb.php/271-0ef99c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。