FC2ブログ
LEXICON 
 created by Ashe

プロフィール

Ashe

  • Author:Ashe

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

     
  LEXICON
初めての言葉、初めての概念
 
     

スポンサーサイト  【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黄金律 [Golden Rule]  【2006/06/15 13:34】 思想・文化・宗教
各宗教がさだめる、人生において守るべき行動規範のことを言う。キリスト教の場合は、マタイによる福音書7章12節やルカ伝6章31節が、その代表とされるらしい。

何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。
Do as you would be done by.
Do unto others as you would have them unto you.

他の宗教・諺では・・・(http://www.tanaka-library.com/shoraitex.pdfより)
エジプト:「他人のために良かれと自らが望んだことを捜し求め、それをしてあげなさい」
ペルシャ:「あなたが人からしてもらいたいことを、人にしてあげなさい」
仏陀:「他人の幸せを、自ら望んで捜し求めなさい」
孔子:「あなた自身が望まないことを、他人にしてはならない」
モハメット:「あなたがしてもらいたくないような方法で、あなたの兄弟たちを扱ってはな
らない」
ギリシャ:「隣人から敵意を抱かせるようなことをしてはならない」
ローマ:「すべての人が心に刻み込んでおかなければならない法律とは、あなた自身の社会
の人たちを愛することである」
モーゼの律法:「あなたが隣人からしてもらいたくないことを、隣人にしてはならない」
イエス:「すべて人にせられんと思うことは、他人にもその通りにせよ」


キリスト教の方は、「他人にしてやれ」と行動を促すのに対して、孔子の儒教の方は、「他人にするな」と行動を制止しているところが、面白い。「自分がしてもらいたいこと」にせよ「自分がされたくないこと」にせよ、その判断は個人的なもの。よって、人によっては、「してもらいたいこと」が本当は「して欲しくないこと」だったり、逆に、「されたくないこと」が「して欲しいこと」だったりする場合もあるはず。

そういったズレが生じる場合でも、キリスト教の方は、「他人にしてやる」のが美徳とされ、儒教の方は、「してあげない」のが美徳とされる。

なお、モーゼの律法が儒教的に否定文になっているのは、例の「十戒」なので否定文で言うしかなかったからかも。

孔子の言葉をもうちょっと詳しく見ると・・・(http://www.asahi-net.or.jp/~df3m-med/word1999.htmlから引用)
子貢問曰、有一言而可以終身行之者乎。子曰、其 恕乎。己所不欲、勿施於人。

子貢が(孔子に)たずねた。「たったの一言で、一生涯それを実行していく値打ちのある言葉があるでしょうか。」 孔子「それこそ恕(思いやり)であろうよ。(思いやりとは)自分のしてもらいたくないことは、他人にもしむけてはならないということなのだ。」


ということらしい。「恕」(思いやり・寛容)と「怨」(恨み、妬み)って紛らわしい字だ。


| COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。